美容

年齢と共に変化するお肌に合わせて変わる、ケアの変化とは?

加齢と共にお肌は変化していきます。若い頃からお肌に気を遣いケアをしてきた人と、ケアをしなかった人では加齢と共に大きな差となっていきます。

日頃のケアでお肌に気を遣ってあげることが大切です。

加齢と共に変化するお肌に合わせてケアの方法も変えてあげることが大切です。

では、年齢に合わせたケアの変化とはどのようなことなのでしょうか?

紫外線対策は若い頃からしっかりと

若い頃はお肌が元気で、多少の負担は自分のお肌の回復力で乗り越えてくれます。しかし、加齢と共にお肌の回復力は確実に低下していきます。

まだまだ若いからといってケアの手抜きをしてはいけません。

紫外線は加齢と共にお肌に蓄積されていきますので、若い頃から紫外線対策をしっかりとしていた人と、そうではない人では、10年後、20年後のしみ、そばかす、お肌の状態に大きな差が出てきます。

まずはしっかりと紫外線対策をして、お肌への負担の蓄積を防ぎましょう。

お肌に何かが足りないと感じてきたら

普段使っている基礎化粧品が物足りなく感じてきたら、それは加齢によりお肌が変化してきている状態かもしれません。

そんな変化を感じたらお肌のケアを見直してみましょう。

10代の頃はニキビや脂っぽさが気になっていたけど、20代になったら肌が乾燥しやすくなったり、シミが増えてきたなど肌は変化していきます。

30代になったらなんだか肌にハリがなくなってきた気がするなど、悩みは変わってきます。

基礎化粧品は年代別、お肌の悩みに合わせて沢山の種類があります。

普段愛用しているブランドがあればそのブランドの中から物足りないと感じてきた状況に応じた基礎化粧品でのケアを増やしてあげましょう。

エステサロンでのケアも必要?

加齢と共にお肌の衰えを自覚し、基礎化粧品もどんどん足りないものをプラスしてケアしてきたけど、まだ物足りない。

美肌に敏感な人なら美顔器機やマッサージ用品もプラスしてまずは自宅ケアをしましょう。

お金や時間に余裕があれば、もちろんエステサロンでのケアも有効です。

エステサロンでケアしてもらうことで、ストレス解消、癒し効果も感じられればお肌にもプラスの影響になります。

エステサロンではお肌の状態もみてくれますので、加齢によるお肌のケアのアドバイスもしてくれて参考になります。

加齢によりケアをプラスしてお肌にもプラスの効果

加齢によるお肌の変化は仕方がないことです。お肌の曲がり角などという言葉がありますが、少しでも綺麗なお肌でいたいものです。

そのためには日頃のケアが大切です。

毎日忙しくてゆっくりお肌のケアに時間をかけることができないかもしれませんが、紫外線対策や基礎化粧品の見直し、美顔器機やマッサージ用品で空き時間にケアするなど、日頃のお肌のケアへの積み重ねが加齢による変化への対策になります。

継続は力なりです!!!