気になる情報 日記

産後のうつは夫が原因?夫に求めること

悩める女性
悩める女性
産後って環境の変化も大きく子育ての不安や、しんどさから産後にうつになってしまう人が多いって聞いた。

これを聞くだけでも自分は大丈夫だろうかと心配になってきます。

自分は大丈夫と思っている人がなりやすいとも聞いたし・・・心配で心配で・・・

っっと悩んでいる方!ぜひ目を通してください!

本記事の内容

・無意識に夫が妻を追い詰めている(心無い一言で崩れていく)
・夫の優しさが産後うつの回避に繋がる(1時間でも育児から離れる)
・まとめ

産後うつになる女性は多く存在しております。そのほとんどは家族のサポート不足によるものとなっています。

初めて・慣れない育児に女性は休むことが出来ず、精神的に追い詰められていくことで「マタニティブルーズ」や「産後うつ」になります。

このような状態の女性(妻)は男性(夫)に対して何を求めているのかといったことに触れていきたいと思います。

無意識に夫が妻を追い詰めている

昔は家事・育児は妻がするものとなっていましたが、近年では女性も働く時代であり、家事を役割分担している家庭も多いです。

育児と家事を全てするというのは、男性が想像しているよりも遥かに大変なこととなっており、女性は休む暇がほとんどありません。

慣れていない育児を1人ですることは大きな負担になるので、男性のサポートは必要となります。

しかし、仕事をしている男性はどうしても「自分が家族を養っている」という思考になるため、パートナーである女性の変化に気がつくことが出来ず追い詰める結果となります。

コリン
コリン
育児は大変ということがわからない男性が多い。一回全部やってみ!どれほど大変なことか経験しないとわからない!
それが毎日続くわけよ?わかる?と言ってやりたい!
旦那
旦那
聞こえてますよ~・・・いやさ・仕事だってたいへ・・・
コリン
コリン
比じゃね~んだよ!!!
旦那
旦那
そ・・・そうですね。あなた様が正しい!さっ洗濯でもしよっと!

夜泣きをする新生児や、すぐに泣き止ますことが出来ない妻に対して怒る男性が多く散財しており、このような心ない行動や言動が産後うつを引き起こすことに繋がります。

環境が変化して心身ともに限界の女性は「いままでと変わらない時間を過ごしている」男性に対して大きな不満と怒りを感じるようになります。

少しでも女性の気持ちを理解してサポートすることで状況は変わります。

お互いにストレスを感じている状況にならないようしっかりと自分の気持ちをストレートに伝えることも大事ですよね

夫の優しさが産後うつの回避に繋がる

上記で紹介したように産後のうつを回避するためには、パートナーである男性のサポートがとても重要となっており必要です。

女性がもっとも求めていることは「自由な時間が欲しい」というものです。

半日や1日といった長い時間ではなく、ほんの少し1時間だけでも育児を交代して解放することで女性は救われます。

また、仕事が早く終わった場合は食事の支度や、家事をするといった行動は大きなサポートになるため、産後うつになる可能性が低くなります。

女性が男性に対して育児や家事を期待していないことは事実ですが、その一方で家事や育児を少しでも交代して欲しいと思っていることも事実となっています。

産後うつを回避するためには男性の優しさや気遣いが重要となります。

まとめ

産後うつの発症率は出産後10日前後がもっとも多く、さらに1ヶ月以内に産後うつを発症する女性は50%以上となっています。

精神的に不安定な状態になる「妊娠~産後」の1週間前後は家族のサポートが非常に重要となっており、サポートをしっかりすることでマタニティブルーズや産後うつを回避することが可能です。

これから出産を控えている方、今まさにしんどいと感じていることがある方は一人で抱え込まないよう!

こういうことも考えられるからとしっかりっとパートナーと話し合うことが大事です。

夫婦間や家族とのコミュニケーションの大事さが子育てを通じてとても大事なことだと気づかされますよ♪